自覚をもって体調管理一覧

自覚をもって体調管理

歳が離れて末っ子を生んでいるので、ちょっと学校行事とかいろんなものにも「間」があいてるんですよね。喉元すぎれば、ではありませんが、けっこう記憶というのはあやふやなもので、すっかり忘れていたこととか、末っ子がやりはじめて見て、思い出すなんてことがけっこうあります。

上のお兄ちゃんは野球が大好きで、小学校1年から高校までずっと野球をやっていました。長男だったので、私もやる気まんまんで、グランドの送り迎えや当番も嬉々としてやっていましたっけ。子供ですからたまにそれでも、「今日は嫌だなぁ」とか「面倒くせえな」なんて言うこともあったわけですが、そんなときは鬼のように「一度はじめたことは最後までやり通せ!」とフトンからひっぺはがして、連れていきました。

まぁ、これが末っ子にもなると、この子がちょっと体が弱いということもあって、「スポーツも、興味がでたらでいいよねぇ」みたいな軟弱な方向へ(笑)

それでも今年は、地域の行事で野球大会があって、子供会のほうのメンバーで参加したんです。

グランドなんてそうそうとれるものでもないから、早朝練習なんてまさに5時起きで連れていかなくちゃならないのですが、もう末っ子はヘトヘトですよ。上のお兄ちゃんにも言われましたが、やっぱりちょっと過保護に育てすぎたかなぁ、と思わず反省してしまいました。すぐ疲れちゃうし、また、周囲も全体的に「熱中症も怖いし、疲れたらやらなくていいよ~」的な雰囲気ですしね。お兄ちゃんのときは、さすがに「水を飲んではいけない」みたいな昔ながらのスパルタではありませんでしたが、「自分の体調管理は自分で行うもの」という方針でした。今の子たちは、ベンチに戻るとお母さんがたがずらりと並んで、団扇であおぐわ、飲み物渡すわ、冷えたタオルで首もと冷やしてくれるわ、の至れりつくせりですよ。

それをね、うちの末っ子も含めてですが、みんな当然のようにしてもらっているんですよね。

私自身の態度もふくめて、「これでいいのかなぁ」ってちょっと疑問に思いました。

確かにひと昔前より、この猛暑です。熱中症は本当に怖いので、いろいろと対策をするべきだとは思います。でも、朝6時から8時の2時間の練習で、ここまで何もかもお母さんがべったりとついて世話するのってどうなんだろうか……? って。

熱中症に対する予防方法を、教えたり、導いたりはするべきだけど、子供たちもそれを自覚して、やっていくべきではないのかな、とは思ったんですがね。

とはいえ、私も結局最後まで、わが子のお世話係しちゃいましたから……。でもこれから、少し、よく考えてみようと思っています。

シエンタ

お店の裏側事情とは…。

飲食店やコンビニ、車屋やアウトレットショップまで…。

今では様々なお店が街中に並んでいます。

アウトレットショップや車屋さんなどは毎日利用する事はありませんが…。

意外とコンビニや飲食店は良く利用する事があります。

私もいくつかのお店で働いていた事がありますが、裏側事情を知っても尚食べに行きたいと思えるお店ばかりでした。

裏側事情とはもちろんお客さんには見えない場所での事情です。

私が働いていたほとんどのお店は衛生管理が完璧でした。

お皿やコップなどは口紅などが付いていないかを確認したり…。

洗う時だけでは無く空いた時間に乾拭きなどもしていました。

食材が痛んでしまっている際などには、必ずお客さんに断りを入れていました。

「お客様は神様!」と言う精神はもちろんですが…。

何よりお店側にダメージが行く事は極力避けていました。

衛生管理がきちんとしていると判れば自分のお店にだって食べに行く事が出来ますが…。

私の友人が以前働いていたお店は、絶対に行きたく無いと思っています。

友人が以前働いていたお店は今では無くなってしまいました。

お客さんからのクレームや問題が多発していた為、潰れてしまったのだと思います。

私はそのお店が潰れる前からずっと行ってみたいと思っていましたが…。

当時働いて友人が「絶対に来ない方が良い」と言っていた為、行く事はありませんでした。

潰れた後に友人から話を聞くと…。

衛生管理がとんでも無い程悪かったと言っていました。

まずお客さんに出すお皿やコップは洗剤の入ったお湯に漬けているだけだったそうです。

そして最後にまとめて洗うようにしていたそうですが…。

忙しい日やお皿が足りない時には、そこから取り出し水で軽く洗い流すだけだったのです。

洗剤に漬けていたとしても、スポンジで洗わなければ意味はありません。

そして何より驚いた事は、痛んだ食材もそのまま利用していた事です。

以前友人が痛んだ食材を捨てようとしたところ…。

店長から怒りの声が飛んで来たそうです。

友人は「なんで私が怒られるのよ!」と愚痴をこぼしていました。

友人が怒る理由は本当に正しいと思いましたね。

お店の裏事情を聞いてしまうと、何だかそのお店には行きたくなくなってしまいます。

知らなければ良かったと思ってしまう事も多々ありますが…。

こういった情報だけはしっかりと知っておきたいと思いますね(--;)